お問い合わせ
Apamanshop(Thailand)Co.,Ltd -アパマンショップ バンコク店
お部屋探しマニュアル

バンコクでのお部屋探し

慣れない土地、ましてや海外での賃貸物件情報はなかなか把握するのが難しいものです。 ここでは、バンコクにある賃貸物件の種類やお部屋を探されるポイントについてご紹介します。

物件の種類
バンコクでの居住用物件は①アパートメント、②コンドミニアム、③サービスアパートメントの3つに分類されます。

外国人が住む物件では、いずれの場合も、入り口に守衛が配備されていることがほとんどです。
①アパートメント
オーナーが、法人もしくは個人で1 棟まるごと所有経営している物件です。 原則各部屋同じ内装で、比較的管理状態が良い点がおすすめポイントです。 賃貸借契約は個人契約が主で、法人契約は出来ない場合がありますので、事前確認が必要です。
②コンドミニアム
日本でいう分譲マンションです。バンコクにおいてはスケルトン―構造体のみで、インフィル部分(内装・設備)がないもの―の状態で販売されるため、オーナーのアレンジごとに間取りや内装が異なります。近年日本人好みのモダンな内装が増え、賃貸にしている物件も多く、比較的安価なことから人気がありますが、アパートメントやサービスアパートメントのようなワンオーナーの物件に比べ、同じ物件内でも部屋別(オーナー別)に管理内容にばらつきがあるのが難点です。
賃貸借契約は原則個人契約のみで、法人契約の場合断られるケースがほとんどです。
③サービスアパートメント
法人が事業用として所有し運営しているホテル式サービスを取り入れたマンションです。セキュリティーに優れ、メイドサービスやNHK 視聴料、光熱費が賃料に含まれている場合が多く、法人契約が可能です。

主に単身者向けですが、近年はご家族向け物件も増えてきています。
お部屋探しのポイト
まず、お客様にとって入居希望の第一条件は何か?をしっかりと把握することです。
物件の種類ごとに、それぞれのメリット・デメリットを確認した上で、ご希望に合ったタイプからお部屋を探すことをおすすめします。

1. 物件の種類を決める
2. 予算を決める
3. 希望の間取り・広さの目処をつける(会社規定の確認)
4. 入居開始時期と契約までの期間を確認する(会社の決裁の流れを確認)
5. その他の条件を挙げておく(ペット可、室内の家具家電、その他サービス内容 など)

次に、生活環境の利便性を確認することをおすすめします。

交通>通勤や買い物に便利か / タクシーがすぐつかまるか(交通渋滞対策)
環境>雨季の時期に水はけが良いか(通常インフラ整備が行き届いていないため、水溜りができやすい)/ お子様が安全に遊べる環境があるか
安全>保安体制や物件管理の状況が良いか
設備>水廻りがしっかりしているか(水漏れなどは比較的多く起きる問題のひとつ)
あまり多くの物件を見すぎて条件にこだわりすぎると、契約したい物件がなくなってしまう場合もありますので、ご自身の希望条件を事前に確認した上で物件を探すことをおすすめします。

Copyright Apamanshop(Thailand)Co.,Ltd All rights reserved.