お問い合わせ
Apamanshop(Thailand)Co.,Ltd -アパマンショップ バンコク店
ライフスタイル

健康と病院

バンコクでは年間を通して気温が高く、日本のような四季はありません。そのため、赴任後慣れない環境で体調を崩す人が多くみかけられます。商業施設(デパート、映画館等)や電車の中はクーラーが非常に利いていて、半袖シャツだけでは肌寒く感じます。クーラーを利かすことがサービスと考える傾向があるのが理由のようです。外出される際は長袖の上着等を持参するなど工夫が必要です。また、交通渋滞などによる大気汚染が深刻で、排気ガス等で喉を痛めることもありますので注意が必要です。

気をつけていても体調を崩してしまった場合、バンコクには国際病院が沢山あり、病院によっては日本人通訳が駐在しているところもあります。お医者さんの中には日本に留学していたなどで多少日本語が出来る先生もいます。

有名な所では、サミティヴェート病院(スクンビット ソイ49)やバムルンラード病院(スクンビット ソイ3)があります。(連絡先は下記をご参照下さい)

国際病院はどこも治療費や診察費が他の病院と比べて数倍しますが、設備や診療機器は日本とほとんど差はありませんし、入院した場合でも日本と大きく変わりません。もちろん24時間看護体制です。

日本のように診療時間がきちんと決まっているということはなく、お医者さんは時間交代制で、夕方過ぎに専門の先生が来る場合もあります。ちなみに入院中の食事は、タイ料理かタイ料理以外(多国籍)などから選べます。

頭痛薬などの薬はコンビニでも購入出来ます。

・サミティヴェート病院(弊社チンタイバンコクの向かいにあります)
Sukhumvit Soi49
www.samitivej.co.th
・バムルンラード病院
Sukhumvit Soi3
www.bumrungrad.com

Copyright Apamanshop(Thailand)Co.,Ltd All rights reserved.